欧州メーカ, >フィアット/アルファロメオ

アルファロメオは徐々にハイブリッドモデル拡大へ 今年6月、アルファロメオは2018年~2022年の製品ロードマップを正式公開し、その中で26種類の次期モデルや最新モデルがラインナップ予定となっています。 その中で、SUVモデルはハイブリッド技術もしくはEV技術を採用する一方、トップレンジモデルの「8 ...

欧州メーカ, >フィアット/アルファロメオ

「ミト(MiTo)」が早くも廃版へ アルファロメオのエントリーモデルで、コミカル且つ愛らしい表情でお馴染みの3ドアホットハッチ「ミト(MiTO)」が2019年初めに生産中止となることが明らかとなりました。 アルファロメオは、今年6月初めに2018年~2022年の製品ロードマップを明らかにし、Bセグメ ...

欧州メーカ, 米国メーカ, >クライスラー, >フィアット/アルファロメオ

次期「300」はこうなる? クライスラーのセダンモデル「300シリーズ」が2004年に登場(カナダ・オンタリオ州Brampton Assembly Plantにて生産)し、7年後の2011年には第2世代モデルが販売スタートとしましたが、今回更に7年が経過して第3世代モデルが登場してもおかしくない時期 ...

欧州メーカ, >フィアット/アルファロメオ

あの「8C」に関する追加情報が 今年6月、フィアットグループに属するイタリア自動車メーカ・アルファロメオが、2018年~2022年における5カ年計画・ロードマップを公式的に公開し、その中で次期「8C」に関するスペック情報が公開されていましたが、これについてCarMagazineが新たなる情報と予想さ ...

オフ会・展示会・イベント等, スーパーカーメーカ, 欧州メーカ, >アストンマーティン, >フィアット/アルファロメオ, >フェラーリ, >フォルクスワーゲン/アウディ/セアト/シュコダ, >ブガッティ, >マクラーレン, >マセラティ, >メルセデスベンツ/AMG, >ランボルギーニ

やっぱり気になるコンラッド大阪の地下駐車場 今朝、日本での詳細スケジュールを公開したばかりのガムボール(GUMBALL)3000。 昨日は、イタリア・ボローニャから大阪・関西国際空港に到着し、そのままコンラッド大阪ホテルにて宿泊という流れとなりましたが、参加車両達は一旦関空にて保管。 つまり、ガムボ ...

スーパーカーメーカ, 欧州メーカ, >アストンマーティン, >フィアット/アルファロメオ, >ランボルギーニ

ド変態デザインの「4C」登場! 以前、ドイツの有名チューナであるPogea Racingが、アルファロメオの2ドアスポーツクーペ「4C」の特別カスタムモデル「4C・ネメシス」を公開しましたが、今回新たな試みとしてグリーンのボディカラーとインテリアカラーに身を纏ったクレイジーな「4C」を世界初公開しま ...

欧州メーカ, >フィアット/アルファロメオ

レーシング仕様の「124GT4」が早くも登場 マツダとの技術協力協定によって生み出された「NDロードスター」をベースとして作られた2ドアオープンカー・アバルト「124スパイダー」。 この個体のハードコアモデルと思われる「124GT4」の開発車両が早速目撃されています。 今回目撃されている「124GT ...

スーパーカーメーカ, 欧州メーカ, >フィアット/アルファロメオ, >ランボルギーニ

当ブログ史上最も低コストに抑えた「アヴェンタドール」のレプリカが登場 ブラジル人オーナーのEdmar Souza Goulart氏が、2002年式のフィアット「ウーノ」をランボルギーニ「アヴェンタドール」風に改造し、大きな話題を呼んでいます。 Edmar Souza Goulart氏は、根っからのラ ...

スーパーカーメーカ, 欧州メーカ, 米国メーカ, >フィアット/アルファロメオ, >フェラーリ

悲しくもセルジオ・マルキオンネ氏死去 FCA(フィアット・クライスラー・オートモーティブ)兼フェラーリCEOを退任したばかりのセルジオ・マルキオンネ氏が66歳という若さで死去。 具体的な症状は不明ですが、先日スイス・チューリッヒの病院にて、肩の手術を受けた際に合併症にて脳卒中を患ってしまったことが原 ...

欧州メーカ, >フィアット/アルファロメオ

あの希少ともいえる「ティーポB」がオークションに登場 フェラーリが1947年に創業して70周年を迎えましたが、フェラーリが設立する以前から存在していたアルファロメオの超希少モデル「ティーポB(P3モノポスト)」がオークションに出品されることが判明しました。 この個体は、1931年に製造された「ティー ...

欧州メーカ, >フィアット/アルファロメオ

アルファロメオもグッドウッド出展へ 来週より開催するグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2018にて、アルファロメオが現代モデルとレトロモデルの両方を出展することがわかりました。 まず現代モデルとしては、「ステルヴィオ/ジュリア」の最上位グレード”クアドリフォリオ”をベースとした限定モデル” ...

欧州メーカ, >フィアット/アルファロメオ

コスパ最強のスポーツカーがまた一台廃版へ 6月1日にアルファロメオが、2018年~2022年までのロードマップを公開し、トップレンジモデル「8C」や「GTV」を復活させることを明らかとしましたが、そんな中で現時点でのトップレンジモデル「4Cクーペ」が2019年から廃版になることがわかりました。 この ...

欧州メーカ, >フィアット/アルファロメオ

「ステルヴィオ」が遂に日本導入へ アルファロメオ初のSUVモデルで、ニュルブルクリンクSUVモデル最速記録を打ち立てた「ステルヴィオ」が遂に日本でも発売スタート。 今回発売した「ステルヴィオ」は、アルファロメオとしては最も背の高いモデルとなり、走行性能は「ジュリア」に負けずとも劣らずで、FCAブラン ...