スポンサーリンク

スーパーカーメーカ, 事故関連, >パガーニ

マイアミにて、カーコレクターとしても有名なクリス・シン氏の所有するパガーニ「ウアイラ・ラ・モンツァ・リサ」がクラッシュするという事故が発生しました。 事故の詳細は不明ですが、シン氏 曰く「お酒もクスリもやっていない」とのことで、正常な状態でのドライブ→クラッシュであることが確認されています。 ちなみ ...

スーパーカーメーカ, >パガーニ

パガーニが「ゾンダ」の新ワンオフモデル「ゾンダ・バイ・マイルソン」を製作していたことが明らかとなりました。 「ラ・フェラーリ」やマクラーレンMSOによる「P1」、ケーニグセグ「アゲーラ」などを所有するコレクターのMileson Guo氏のために作られたこの「ゾンダ・バイ・マイルソン」は、最高出力76 ...

スーパーカーメーカ, >パガーニ

アメリカメディアより、パガーニが世界限定20台のみリリースした「ウアイラBC」の公道でのレビュー映像を公開しました。 パガーニのファウンダーであるHoracio Pagani氏と懇意の高名なエンスージアストにて、このモデルの最初のオーナーでもあるBenny Caiola氏のイニシャルを名称に冠したこ ...

スーパーカーメーカ, 事故関連, >ランボルギーニ

某国にて、ランボルギーニ「ウラカン」がバリアと衝突する事故が発生。 原因はオーバースピードによるもので、コントロールを失いバリアに正面から突っ込んでいきそうになったところで避けようとして、左フロントをえぐるような結果となってしまったとのことです。 フロントのタイヤを失うなど、修理費用は高くつくと思い ...

スーパーカーメーカ, 事故関連, >パガーニ

ドバイにて、非常に希少なパガーニ「ゾンダF」がクラッシュ。 幸いけが人はいないとのことですが、この「ゾンダF」は修理せずにそのままパガーニ本社に持って行かれ、「ゾンダ820」に改良されるとのことです。 ちなみに、過去にもパガーニは大破した「ゾンダ」を「ゾンダ760ファンタズマ」として復活させたりして ...

スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

早い段階からランボルギーニ「アヴェンタドール」チューニングを手がけていたオークリーデザインですが、ドバイにてコンプリート状態の「アヴェンタドールLP760-2」が目撃されました。 その名の通り2WD化した「アヴェンタドール」で、後輪駆動化はけっこう珍しいです。 全体的にはカーボンパーツでイメージが刷 ...

スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

2018年後半にベントレー「ベンテイガ」をライバルとする高級SUV市場に参入のランボルギーニ「ウルス」の販売価格が2,000万円から販売される計画にて進められていることがわかりました。 ランボルギーニは、昨年2015年の年間販売台数が「ウラカン」と「アヴェンタドール」の支えあって3245台と大成功を ...

スーパーカーメーカ, 事故関連, >ランボルギーニ

中国にて、セダン車がランボルギーニ「アヴェンタドール」に突っ込み、「アヴェンタドール」の運転席側が"ベロン"と剥がれてしまっていますね。 事故の状態から見るに、修復することはかなり難しいでしょうね。 ちなみに、セダン車は居眠り運転であったことがわかり、「アヴェンタドール」に突っ込んだ後、車がひっくり ...

スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

ランボルギーニの中で"最も軽量"であり、フォージドコンポジットという超軽量材料が採用された「セストエレメント」が、中古車市場にて販売中とのこと。 しかしながら、中古車販売サイトには現物の写真が無く、本当に販売されているのか甚だ疑わしい部分がありますね。 ちなみに、「セストエレメント」は、世界限定20 ...

スーパーカーメーカ, >マクラーレン

マクラーレンの上位モデル「650S」の後継モデルといわれている開発コードネーム「P14」ですが、開発車両と思わしき個体がイギリスにてテスト走行しているところを捕捉されました。 関係者コメントでは、この「P14」には正式名称として「7」が付くといわれていますが、これまで「650S」「675LT」「MS ...

スーパーカーメーカ, >フォルクスワーゲン/アウディ/セアト/シュコダ, >ランボルギーニ

アメリカはフロリダ州にて、ハリケーン対策としてランボルギーニディーラに約40台もの車体を駐車していく動画が公開されています。 この個体の中には、「レヴェントン」も存在しており、上の画像の通り、車体ギリギリまで詰めて駐車するといったことはとても恐ろしくてできないですね(もしもぶつけてしまったときの人生 ...

スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

ランボルギーニが、1964年から約2年間120台限定生産された初量産モデル「350GT」のレストアされた個体が登場しました。 この個体は、約50年前のモデルでありながら、排気量3.5L V12型気筒自然吸気エンジンを搭載した、当時非常に希少となったV12モデルとなります。 なお、このレストアは約80 ...

スーパーカーメーカ, 中国メーカ, 車関連

中国のレーシングチームとして有名な「ネクストEV」が、この度、電動スーパーカーを開発していることが明確となりましたが、その個体が来月の11月21日にイギリスはロンドンのイベントにて披露されることがわかりました。 この電動スーパーカーは、世界にてわずか6台しか生産されないとのことですが、そのスペックは ...

スーパーカーメーカ, >フォルクスワーゲン/アウディ/セアト/シュコダ

アウディの最上位モデルとして今年生産が始まったばかりの電動スポーツカーである「R8 eトロン」が早くも生産終了することがわかりました。 生産終了する理由としてはやはり、「価格が高すぎる」ということ。 この「R8 eトロン」の販売価格は約1億1,000万円ということから、購入するユーザーが3桁に到達し ...