これはカッコいい。プロドライブがルノー「メガーヌ」をベースとしたラリーカーを開発

プロドライブは、2018年に開催される世界ラリークロス選手権に向けて、ルノー「メガーヌ」をベースにしたラリーカーを開発しました。

プロドライブは、これまでに6度のワールドラリータイトルと、5度のワールドスポーツスクールタイトル、4度のBTCCタイトルを得てきた有名処。
今回も世界ラリークロス選手権での優勝を目標に、かなりこだわり抜いた「メガーヌ」を開発したとのこと。

スポンサーリンク

今回開発された「メガーヌ」は、特別なパワートレインとなる排気量2.0Lターボエンジンを搭載し、最高出力600ps、最大トルク895Nmを発揮。0-100km/hは2秒にて到達し、車両重量は1,300kgのまさにレーシング仕様となっています。

「メガーヌ」のデザインとしても、全体的にカーボンを多く取り込み、軽量化できてるところは最大限にまで活用。
また、ブラックのボディカラーにイエローのアクセントが非常にマッチしており、かなりカッコいい仕上がりになっていますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう