これは悲惨。マクラーレン「MP4-12C」ドライブ体験中に無謀なハンドリングでクラッシュ【動画有】

ユーチューバーのRob Ferretti氏が、マクラーレン「MP4-12C」のドライビング体験中に、カーブに差し掛かったところで無謀なステアリング操作を行い、クラッシュするという問題が発生。

この体験は、約1万円にてサーキット試乗ができるというものなのですが、どうやらRob氏は相当に興奮していたのか、無謀なハンドリングを続けたことにより、タイヤが悲鳴を上げてバーストしながら、大きく段差を乗り上げフロントバンパーを損傷するという事故にまで発展。

スポンサーリンク

この事故により、シャシーからタイヤ、バンパーなどを大きく損傷し、ほぼ自走不可レベルとなってしまったことから、約1,430万円の修理費用をRob氏が支払うことに。

今回の事故によりRob氏は、「大きな財産を失うことになったが、これも一つの教訓。スーパーカーに乗ることがどれだけ大変なことかを知ることができた」とかなり前向きなコメントをしていますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう