どうしてこうなった?ロンドンにて、フェラーリ「488GTB」がオレンジの木に突っ込み真っ二つに

ロンドンにて、ロッソカラーのフェラーリ「488GTB」がオレンジの木に突っ込んでしまい、フロントボディが真っ二つになってしまう事故が発生。

事故の詳細は不明ですが、恐らくオーバースピードによってコントロール不能となり、公道から外れてオレンジの木に正面から突っ込んでしまったのではないかと推測。

スポンサーリンク

幸い、ドライバにケガはなかったものの、これだけ豪快なクラッシュ(木に突き刺さった状態)であるということは、「488GTB」は相当なスピードが出ていたのではないかと思いますが、それでもオレンジの木が全く倒れていないというあたり、かなり頑丈かつ芯が太いのだろうと思う一方、「488GTB」のフロントボディが弱すぎる?というネガティブな考えも持てなくもないですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう