GWは長野県へ。かつらの湯~丸永旅館~の予約完了

以前より検討していたゴールデンウィーク(GW)の温泉旅行。
具体的な旅行先は決めていなかったものの、昨年は群馬県のテルマエロマエの撮影ロケにも使われた宝川温泉に訪問したため、そこの隣県に行くのも良いかな?と思って探し出したのが長野県の温泉街。

長野県も温泉地としては非常に有名とお聞きしているので、ここは是非とも訪問しておきたいところ。
っということで、サクっと予約できたのが長野県松本市にある「かつらの湯~丸永(まるえい)旅館~」に決定。

関連記事:素敵な自然に感謝。映画「テルマエ・ロマエ」の舞台にもなった宝川温泉 汪泉閣に行ってきました

スポンサーリンク

個人的に一番のポイントにしていたのは野外での露天風呂。
開放的な空間の中での露天風呂はとても気持ちがよく、昨年の宝川温泉でもその味わいは今でもしっかりと残っていますね。
また、こちらの旅館では、にごりの湯という温泉もあり、リラックス効果だけでなく”3日入ったら3年は健康で居られる”というキャッチフレーズがあるほど。


お食事や旅館内のお部屋はこんな感じ。
滋味溢れる郷土料理がメインで、特に鯉の甘露煮は絶妙な味加減がなされているのだとか。
お部屋も昔ながらの雰囲気が漂っており、しかしWi-Fiなどの通信機器も充実しているという海外旅行者も考慮しているしっかりした旅館ですね。

ちなみに旅行は一泊二日。
あまりゆっくりできる時間もありませんが、少しでも長く長野の地を楽しみたいと思います。

【基本情報】
施設名:かつらの湯 丸永旅館
住所:〒390-1515 長野県松本市安曇白骨温泉
TEL:0263-93-2119
湯号:かつらの湯
客室数:11 室
日帰り入浴:有
ホームページ:http://www.maruei.in/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう