アストンマーティン「DB11・ヴォランテ」の開発車両を捕捉。ダウンサイジングターボが設定か

2017-06-01

アストンマーティン「DB11」のコンバーチブルモデルとなる「DB11・ヴォランテ」が通常のクーペモデルと合わせて雪上にて走行テストが行われているところを捕捉されました。

今回捕捉されているコンバーチブルモデルは、クーペタイプとは異なってCピラーのセクシーなラインが無くなっているため、アストンマーティン本来の魅力が欠けてしまっているようにも思えますね。

スポンサーリンク

また、コンバーチブルモデルでは、クーペタイプと異なり、リヤショルダーとトランクスポイラーの変更と、パワートレインにおいても自然吸気系ではなくダウンサイジングターボが施されているとのことです。

これはあくまでも噂ですが、今回の開発車両モデルからAMG製のエンジンを取りやめて、新たなパワートレインとなる排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンが採用される可能性が高いとも報じられており、これは中国に向けての対策にもなっているとのことです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう