71歳の高齢ドライバが運転していたマクラーレン「MP4-12C」が時速240km/hにて大クラッシュ。奇跡的にドライバは軽傷

ドイツの高速道路にて、71歳の高齢ドライバ(男性)が、自身の所有するマクラーレン「MP4-12C」を時速240km/hにてガードレールにクラッシュし大破するとい大事故が発生。
同車はクラッシュ後に、400メートルもの長さに渡ってパーツをちりばめながら停止しましたが、見るからに無残な姿となっていることがわかります。

スポンサーリンク

しかし、これだけのひどい状態でありながら、71歳のドライバーは軽傷だったとのこと。
なお、ドライバは左手を軽傷する程度であったとのことで、もしこれが一般車だとしたら死亡事故レベルだったと思われます。
なお、今回の大事故が軽傷で済んだ理由としては、マクラーレンにて採用されている非常に頑丈なカーボンモノコックが、車体内のドライバを護ったのではないかと考えられています。

もちろん、速度制限が設けられていないアウトバーンと違う一般の高速道路にて、時速240km/hものスピードにて走行すること自体が危険極まりないものの、スーパーカーを所有する以上、「飛ばしたい」という気持ちも理解はできますが、自身の運転技術をしっかりと把握したうえで走ること、そして飛ばす場合は場所(例えばサーキットで走る等)をしっかりと考えて走行してほしいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう