1016インダストリーズがランボルギーニ「ウラカンLP580-2」専用エアロキットを公開

アメリカ・マイアミにて拠点を置くチューナーの1016インダストリーズが、ランボルギーニ「ウラカンLP580-2」専用のエアロキットイメージ画像を公開しました。

基本的には、「ウラカンLP580-2」に備わっている純正パーツをそのままに、カーボンファイバー製のエアロキットを装着しているといった流れですね。

スポンサーリンク

ちなみにエアロキットの内訳としては、フロントスポイラーやサイドスポイラー、リヤディフューザーに加え、大型リアウィングを装着することで時速177km/h程度で290kgのダウンフォースを生み出すとのことです。

個人的に気になっていたホイールについては、「ウラカンLP580-2」の標準装備となるKariの19インチとなり、ブラックペイント処理がされていますね。
標準のシルバーは今一つな感じはしましたが、ブラックペイント化により足元が引き締まって非常にカッコよくなった印象がありますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう