アメリカ自動車耐久品質調査にてレクサスとポルシェが同率トップ。レクサスは6年連続でトップだ

JDパワーが発表した2017年アメリカ自動車耐久品質調査において、2014年型の自動車を購入してから3年を経過したユーザを対象に、直近1年間の不具合経験の調査が開始されました。

この調査を受けたユーザは約3.5万人で、ユーザからの調査結果をもとに100台あたりの不具合指摘件数を算出し、その数値が低いほど高品質なものであることを証明されるとのこと。

スポンサーリンク

上記の調査結果から、2017年の自動車耐久品質の良かった上位5位を公開。

5位 メルセデスベンツ(131PP100)
4位 ビュイック(126PP100)
3位 トヨタ(123PP100)
1位(同率) レクサス&ポルシェ(110PP100)

上位ランキング結果より、レクサスとポルシェの不具合件数がかなり低いことがわかりますね。
特に品質面の高いトヨタを大きく抑えての結果となっていることから、高品質且つ厳正なる試験を繰り返すことにより、信頼性の高い車を生み出しているのだと思われますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう