希少な自然吸気モデル、サリーン「S7」がオークションにて登場。予想落札価格は約5,000万円

アメリカのサリーンが開発したスーパーカー「S7」が3月10日にRMオークションにて登場。
現在「S7」の価格は高騰中とのことで、意外にもオークションや中古車市場には登場しないのですが、今回珍しく自然吸気系(初期)モデルが登場。

スポンサーリンク

今回登場した個体は、2004年モデルとして製造されたシャシーNo.1S9SB181X4S000045で、走行距離は2,400kmとかなり低走行。
本車両のオリジナルステッカーや工具キット、取扱説明書も付属。

しかも、このシルバーに近いホワイト系のボディカラーは、これまでの「S7」にない唯一のカラーということです。

「S7」のパワートレインは、排気量7.0L V型8気筒OHVを搭載(フォードのエンジンを参考にした、サリーンオリジナルのオールアルミ製)し、最高出力558ps、最大トルク715Nmを発揮。
トランスミッションは6速MTで、ダブルウィッシュボーン式のサスペンションとなります。

なお、予想落札価格は4,400万~5,000万円とされています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう