幻のメルセデスベンツ「300SL・ガルウィング」がオークションに登場。予想落札価格は驚異の1.6億円

来月の3月に開催されるRMオークションにて、幻の名車メルセデスベンツ「300SL・ガルウィング」が登場。
この個体は、世界1,374台のみ生産されたモデルで、その初期ロット(1/167)にて製造された超希少車種となります。

スポンサーリンク

「300SL・ガルウィング」のエンジンは、M198と呼ばれる排気量3.0L 直列6気筒SOHC直噴エンジンを搭載し、最高出力215ps、最大トルク274Nmを発揮します。
最高時速は260km/hに到達し、当時は「300SL」が生産車として世界最速の記録を持っていました。

シャーシNo.は198.040.4500116で、ホイールカラーは珍しくボディカラーと統一されていますね。

内装も非常にシンプルかつクラシックなブラウンレザーで、こちらはレストア済みですね。
なお、オークションでの予想最高落札価格は約1.6億円とされていますが、初期ロットモデルということもあり、状態も非常に良いことから更に上昇する可能性があるとのことです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう