ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」のニュル正式記録が6分52秒01で確定。正真正銘ニュル最速に【動画有】

以前より話題となっていたランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」のニュルブルクリンクでのラップタイムについてですが、先日ようやく正式な記録が公開。

記録は6分52秒01という記録で、この記録は公道仕様最速となるポルシェ「918スパイダー」の記録6分57秒00を約5秒も上回り、事実上公道仕様最速が「ウラカン・ペルフォルマンテ」となりました。

スポンサーリンク

なお、ニュルブルクリンクにて「ウラカン・ペルフォルマンテ」が出した最高速度は303km/hで、これは「アヴェンタドールSV」の時速326km/hよりも23km/h遅かったわけですが、それでも「アヴェンタドールSV」の記録6分59秒73よりも速い記録となったわけですが、それだけ「ウラカン・ペルフォルマンテ」のアベレージ速度が高かったということになりますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう