BMW「3シリーズ」等が3万台以上の大量リコール。やはりタカタ製エアバッグの不具合

自動車ニュース”Response”の記事より、BMW「3シリーズ」や「5シリーズ」等のモデルが大量リコール。

リコールの内容としては、タカタ製エアバッグのインフレーターの不具合で、運転者席用エアバッグのインフレータ(膨張装置)の補給用部品において、ガス発生剤の吸湿防止が不適切なものがあるとのこと。
そのため、車両の修理時に当該インフレータに交換しそのままの状態で使用を続けると、高い湿度の環境下で大きな温度変化の繰り返しによりガス発生剤が劣化しエアバッグ展開時にインフレータ容器が破損するおそれがあるとのことです。

スポンサーリンク

対象となるのは、2000年6月2日から2003年1月31日に製造された以下の20モデルで、合計3万4,549台の大量リコールとなります。

【該当モデル】
3シリーズ・・・「318i」「318i・ツーリング」「318Ci」「320i」「323i」「325i」「325i・ツーリング」「330i」「330Xi」「330Ci」「330Ci・カブリオレ」
5シリーズ・・・「525i」「525i・ツーリング」「530i」「530i・ツーリング」「540i」
Xシリーズ・・・「X5」「X5 4.6is」
Mシリーズ・・・「M3」「M5」

対策措置としては、全車両、エアバッグインフレータを確認し、該当するインフレータであった場合には対策品に交換するリコール作業を行うとのことです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう