ジュネーブにて、チューナーのABTがアウディ「R8 V10Plus」専用ボディキットを公開に

先ほど、チューナーのABTスポーツラインがアウディ「TT RS」のスペシャルエディションモデルとなる「TT RS-R」専用のボディキットを公開した記事をアップしましたが、今回新たにレッドカラーの過激なアウディ「R8 V10Plus」のボディキットも公開されました。

関連記事:ジュネーブにて、ABTのスペシャルエディションとなるアウディ「TT RS-R」を公開に

スポンサーリンク

今回公開されている「R8 V10Plus」専用ボディキットには、フロントバンパーのエアインテーク部のデザインを大胆に変更。
特に、サイドに突出たエアロコンポーネント無しのサイドエアインテークは追加設計になるとのこと。

そのほかにも、カーボンファイバー製のフロントスポイラーや、カーボントリムピースを2本追加したサイドスカート、フロントフェンダー用のフレア、リヤディフューザー、4本出しツインマフラが設定され、かなり攻撃的なデザインとなっていますね。

内装においては、ボディカラーと統一のためにブラックとレッドのバイカラーインテリアを採用し、シートやダッシュボード周り等はアルカンターラが使用されていますね。

なお、パワートレインにおいても、ランボルギーニ「ウラカン」と同様の排気量5.2L V型10気筒エンジンを搭載し、最高出力を610ps→630psに向上しているとのこと。
なお、ホイールは20インチの新型GR製鍛造アルミホイールを装着しているとのことです。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう