ジュネーブにて、DMC仕様のランボルギーニ「ウラカン」が搬入。その他の搬入風景もアップしてみる【動画有】

いよいよ今週に開催されるスイス・ジュネーブモーターショー2017。
それに合わせて、各メーカの車両たちが続々と搬入されていく風景が動画にてアップされています。

今回はDMC仕様にカスタムされたランボルギーニ「ウラカン」をはじめとする他車メーカの動画も一気に公開していきたいと思います。

スポンサーリンク

今回、ランボルギーニからはフェイスリフトモデルとなる「アヴェンタドールS」や「ウラカン・ペルフォルマンテ」、DMC仕様「ウラカン」等、数多くの個体が出展。
その中でもまずはDMC仕様の「ウラカン」が搬入されていますね。

車両を確認してみてもお分かりの通り、カーボン製リヤウィングや、フロントスポイラー、サイドスカート、リヤディフューザーといったボディキットが装着され、更にはDMC専用の21インチホイールも装着されていますね。

こちらも、ブラックカラーのDMC仕様となっているランボルギーニ「ウラカン」。

こちらは、スイスの自動車メーカであるモンテヴェルディ・ハイの「650 F1」ですね。

ジャガーの電気自動車モデル「I-Pace・コンセプト」も搬入されています。

色鮮やかなアストンマーティン「ヴァンキッシュS」。

イギリスの自動車メーカであるノーブルのスーパーカー「M600」ですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう