世界カー・デザイン・オブ・ザ・イヤーの最終選考に3台が進出。残ったのはトヨタ「CH-R」・メルセデスベンツ「Sクラス・カブリオレ」・ジャガー「F-PACE」

現在開催中のスイス・ジュネーブモーターショー2017において、世界カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー2017の最終選考に勝ち上がった3台が発表されました。

最終選考に勝ち上がったのは、トヨタ「CH-R」とメルセデスベンツ「Sクラス・カブリオレ」、ジャガー「F-PACE」となります。

スポンサーリンク

この世界カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー2017には、最もデザイン性に優れた1台が選ばれるとのことで、世界20か国、70名を超えるジャーナリストと少数のデザイン権威者を加えて審査されます。
具体的な審査基準は公開されていないものの、その中でも今回最終選考に上がった3台は非常に評価が高かったとのこと。

特に、今回は3台の内2台がSUVモデルということもあって、「Sクラス・カブリオレ」が一体どのようにSUVと比較されるのか気になるところ。

なお、昨年はマツダ「ロードスター」が世界カー・オブ・ザ・イヤーと世界カー・デザイン・オブ・ザ・イヤーをW受賞。
今回はマツダのフルサイズSUV「CX-9」が候補に挙げられ、両賞ともに2次先行まで通ったものの、残念ながら世界カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー2017の最終選考には選ばれず。
ちなみに、最終審査結果は来月の4月に発表されるとのことです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう