ポルシェがウィークリー企画として「TOP5シリーズ」を公開。第五弾は「最もスリル満点だったポルシェ5選」【動画有】

ポルシェが、ウィークリー企画として独自に選定した「TOP5」動画を公開に。
今回は第五弾として「最もスリル満点だったポルシェ5選」が公開されました。

スポンサーリンク

ランキングとしては、以下の通りとなっています。


5位・・・1986年のラリー・パリダカール
【車両モデル:ポルシェ959】
1986年のパリダカには正真正銘959ベースのレイド車両が実戦投入され、圧倒的なレースを展開。
レネ・メッジ/ドミニク・ルモイヌ組が総合優勝、ジャッキー・イクス/クロード・ブラッスール組が2位とワンツーを決め、更にはサポートカーという役割で出走していたロランド・クスモウル/エーリッヒ・レルナー組も6位に入賞を達成、名声を決定的なものにし、これをきっかけにして市販に踏み切られた。[Wiki参照]


4位・・・1982年のル・マン24時間レース
【車両モデル:ポルシェ956】
1982年のル・マン24時間レースにて、「ポルシェ956」が歴史に残るワン・ツー・スリーフィニッシュを達成するという偉業を達成。
その歴史的な記録は以下の動画にて。


3位・・・1973年のカナディアン・アメリカン・チャレンジカップ
【車両モデル:ポルシェ917/30・スパイダー】
スポーツカー世界選手権の規定変更を受け、ポルシェが本大会に参戦。
1972年~1973年と連続で圧勝する上に、「917/30・スパイダー」が最高到達速度380km/hを記録。


2位・・・1983年にニュルブルクリンクサーキットでの最速記録を樹立
[車両モデル:ポルシェ956]
ニュルブルクリンクサーキットにて、当時レーシングモデルではブッチギリの最速記録となる6分11秒13を記録。


1位・・・2013年にニュルブルクリンクサーキットにて公道車両最速記録を樹立
[車両モデル:ポルシェ918・スパイダー]
2013年9月4日、公道モデルで7分を切ることは不可能では?と思われていましたが、「918・スパイダー」がその壁をぶち破り、6分57秒というとんでもない記録を樹立しました。

「希少ポルシェ5選」はコチラ
「ベスト・ポルシェサウンド5選」はコチラ
「最もワイルドなポルシェのリアウィング5選」はコチラ

「ポルシェ技術5選択」はコチラ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう