中々のインパクト。ジュネーブにて、シボレー「カマロSS 1LE」が公開に

先日より開催中のスイス・ジュネーブモーターショー2017において、シボレー「カマロ」をベースに足回りをチューニングした「カマロSS 1LE」のコンセプトモデルを公開しました。

このコンセプトモデルは、足回りや駆動系を中心にカスタマイズされ、本来のベース「カマロ」に搭載される排気量6.2L V型8気筒エンジンを最大限に発揮するために改良がくわえられたものでもありますね。

スポンサーリンク

その他にも、スポーツタイプの磁気ダンパーや電子リミテッド・スリップ・ディファレンシャル、ブレンボ製ブレーキセット、約30mm程ローダウンした専用スポーツサスペンション等も装着。

エクステリアはグリーンのボディカラーに、かなりのビッグサイズとなるブラックカラーのセンターストライプも入っていて相当なインパクトが与えられていますね。

また、内装においてもレカロシートやスエードの膝パッドを装備。
アルミ製のペダルやかなりフラットステアリングホイール等、レーシングに特化したデザインとなていますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう