ヤバいイケてる。ジュネーブにて、ACシュニッツァー仕様のBMW「i8」を公開


先日開催されたスイス・ジュネーブモーターショー2017にんて、ドイツ・アーヘンに拠点を置く、BMWグループのモデルを専門に扱うチューナーのACシュニッツァーが、BMWのiブランド・フラッグシップモデル「i8」専用のボディキットを公開しました。

スポンサーリンク

今回ACシュニッツァーが公開したボディキットの大きな特徴としては、フロント25mm、リヤ20mmローダウンすることによりワイド&ローにし、カーボンファイバー製エアロキットを装着することで、よりスポーティ且つワイルドな仕上げになっているという点ですね。


なお、ボディキットには、フロントスポイラーやサイドスカート、3ピースリヤディフューザー、リヤウィング、ウィングレット、スプリットフードベントが含まれており、最大限の軽量化が図られているとのこと。

また、ホイールは21インチ・スプリットスポークの鍛造アルミホイールが装着されており、ホイールアーチとの隙間を極力なくし、かなり攻撃的なスタイリングにまとめられていますね。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう