ノヴィテック・トラドのチューンにより250馬力以上アップ ランボルギーニ「ウラカンLP580-2」専用チューニングパッケージが公開

2016-09-23

20160921_3_%e3%82%a6%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%b3

ランボルギーニの後輪駆動タイプとなる「ウラカンLP580-2」専用のチューニングパッケージが、このたびドイツのノヴィテック・トラドより発表されました。

スポンサーリンク

ランボルギーニ「ウラカンLP580-2」は、排気量5.2L V型10気筒エンジンを搭載し最高出力は約580馬力を発揮するのですが、今回のチューニングパッケージにより約250馬力アップの830馬力まで向上。
また、ステンレススチールとインコネル素材を使用したバルブ制御付のスポーツエキゾーストが装着され、そのエキゾースト音は何とも痺れるサウンドを発していますね。

20160921_4_%e3%82%a6%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%b3
20160921_5_%e3%82%a6%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%b3

それ以外にも、プロフェッショナルサスペンションキットによって35mmローダウンしたり、カーボンリアウィングを装着したり、ランボルギーニ「アヴェンタドールSV」と同様にフロント20インチ、リア21インチホイールを装着等、かなり過激な仕上がりとなっています。

20160921_1_%e3%82%a6%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%b3
20160921_2_%e3%82%a6%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%b3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう