本当なの? ブガッティが「シロン」に続きセダンやSUV、電気自動車等を導入するとの噂

2016-09-27

20160802_5_%e3%83%96%e3%82%ac%e3%83%83%e3%83%86%e3%82%a3

ハイパーカーの代名詞でもおなじみのブガッティですが、どうやらヴォルフガング・デュルハイマーCEOが4つのモデルを市場に導入する計画がことを明らかにしました。

スポンサーリンク

その中で最も有力なのが、2009年に発表された4ドアセダン車のブガッティ「16Cガリビエール・コンセプト」でシロンより価格を抑えロールスロイスやベントレーの様なラグジュアリー指向のモデルになるそうです。

また、シロンの下位モデルスーパーカーとして位置するために、ランボルギーニ「ウルス」やベントレー「ベンテイガ」をライバルとしたSUVモデルや電気自動車の計画もあるとのこと。

ブガッティの下位モデル(例えばSUV)だったとしても、おそらくブガッティブランドの名が出る以上は、最低でも5,000万円の価格を要するのではないかと推測されますが、いずれにしても維持費はとんでもない金額となるので、購入する上での厳しい審査は変わらずに存在するのでしょうね。

20160802_1_%e3%83%96%e3%82%ac%e3%83%83%e3%83%86%e3%82%a3

20160802_3_%e3%83%96%e3%82%ac%e3%83%83%e3%83%86%e3%82%a3

20160802_4_%e3%83%96%e3%82%ac%e3%83%83%e3%83%86%e3%82%a3

20160802_2_%e3%83%96%e3%82%ac%e3%83%83%e3%83%86%e3%82%a3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう