ホンダ「シビック」に新たなグレード「Si」が追加。最高出力は260馬力

昨年のロサンゼルスモーターショー2016にて公開されたホンダ「シビック」のスポーツモデルとなる「シビックSi」が2018年モデルとして登場することがわかりました。

この個体には、排気量1.5L 直列4気筒ターボVTECを搭載し最高出力260psを発揮するとのことで、トランスミッションはショートストロークタイプの6速MTが設定されるとのこと。

スポンサーリンク

外観においてもかなり攻撃的なデザインとなっていますが、何とも言ってもリヤのセンター出しマフラは多角形型エキゾーストパイプフィニッシャーとなっており、現行「NSX」をイメージさせるデザインとなっていますね。

タイヤにおいては、大口径の235/35R19を装着し、かなりスポーティな印象を与えるだけでなく、機能性においてもアクティブダンパーやLSD、アクティブステアリングシステムが装備される等、先進性も重視。

なお、このモデルは来月開催予定のアメリカ・ニューヨークオートショーにて公開されるとのことです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう