ロールスロイスのSUVモデル「カリナン」の開発車両を捕捉。最低でも600馬力発揮か【動画有】

2017-06-01

スウェーデン北部にて、2019年モデル・ロールスロイスのSUV「カリナン」と思われる開発車両がテスト走行中のところを捕捉。
ロールスロイスの公式ホームページでは、この個体を「ハイボディーカー」又は「オール・テレイン・ビークル」と呼んでいますが、世間一般ではSUVという名称の方が馴染みがありますね。

スポンサーリンク

今回捕捉されている個体は、基本的にはロールスロイス「ファントム」のプラットフォームを流用しているとのこと。
そのため、車両重量においてはかなりのものと思われますが、現時点では不明。

パワートレインにおいては、V型12気筒ツインターボチャージャーが搭載されると考えられ、BMW「M760Li」に搭載されるユニットのミラーリング最も高いと考えられますね。
ちなみに最高出力は最低でも600psからで、それ以外の機能においては全く新しいエアサスペンションシステムや新AWDシステムが採用されるとのことです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう