ポルシェが世界耐久選手権向けに「919ハイブリッド」を公開。2Lエンジンでありながら最高出力は900馬力超え【動画有】

ポルシェは、次回の世界耐久選手権(WEC)のLMP1-Hクラスにて、タイトル奪還・打倒トヨタを目指し、最強のハイブリッド「919ハイブリッド」を公開しました。

このモデルは、基本的なプラットフォームを初め、デザイン(空力抵抗も含む)のほとんどを1から設計し直したとのことで、ポルシェが本気を出した最強モデルといったも過言ではなさそうですね。

スポンサーリンク

本日より、イタリア・モンツァにて開始された世界耐久選手権プロローグテスト前に、今回の新型モデル「919ハイブリッド」が公開されたわけですが、この個体にはかなりコンパクトなパワートレインとなる排気量2.0L V型4気筒エンジン+モータによるハイブリッドパワートレインが搭載され、最高出力は912psというとんでもパワーを発揮。

これを以て、世界耐久選手権だけでなく、ル・マン24時間耐久レースとシリーズタイトルの3連覇を狙うとのことです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう