やり過ぎ!日産がニューヨークの架空警察署のために過激なワンオフモデルの「GT-R」のパトカー仕様を公開

2018-12-06

過激な「GT-R」のポリスカーが登場

来週より開催予定のアメリカ・ニューヨークオートショー2017にて、日産のワンオフモデル「GT-R Pursuit 23 aka “コップジラ”」を世界初公開することがわかりました。
このワンオフモデルの「GT-R」には、特殊ライトやサイレン、ブラシガードといった警察車両に必要とされるパーツを組み込んだほか、何とも極悪な22インチの大口径ホイールも装着されていますね。

スポンサーリンク

明らかに過激カスタムし過ぎなポリスカー?

その他のパーツにおいては、ボンネットやドア、リヤに「Skyline Metro Police(ニューヨークの架空警察署)」の大型デカールが貼付されたり、巨大リアウィング、カーボンファイバー製ワイドフェンダーといったド迫力満点のカスタムも施されています。

足回りについてはローダウンスプリングによりフェンダーモールとのクリアランスを限りなくゼロにしていますね(ってか若干シャコタン気味?)。

☆★☆「GT-R」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう