何かヤバイの出てきた。シンガポールにて、歌舞伎をモチーフにしたメルセデスベンツAMG「C63・ブラックエディション」が登場

シンガポールにて、何ともド派手すぎるカスタムが施されたメルセデスベンツAMG「C63クーペ・ブラックエディション」が目撃に。

こちらの個体、どうやらオーナー曰く、日本の歌舞伎役者をモチーフにしてラッピングしたもので、これまでに日本の文化(富士山や侍)を取入れたカスタム車両を作り込んできたとのこと。

スポンサーリンク

今回は、より強調性を高めた歌舞伎車両となりますが、メタリック系のレッドとゴールドのラインが非常に凝っており、全体的にかなりまとまりのあるデザインとなっていますね。

足回りにおいても、歌舞伎のレッドでまとめており、ディテールのアクセントもかなりセンスが光っています。
ちなみにサイドスカートはカーボンファイバー製。

リヤもかなり攻め込んだデザインではありますが、立体的かつ引き締まっているようにも確認できます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう