フィアット「アバルト500」がリコール。フロントシートに不具合か

自動車ニュース”Response”の記事より、フィアット「アバルト500」の1グレードのみがリコール。

リコールの内容としては、フロントシートの不具合によるもので、前席右側のシートのシートレールの製造が不適切なため、座席の位置調整の溝が開いていないものがあるとのこと。
そのため、座席が適切に固定できず最悪の場合、衝突時に座席が動き、乗員が過度の傷害を負うおそれがある恐れがあるとのことです。

スポンサーリンク

対象となるのは、2017年2月13日から3月25日に輸入されたモデルで32台がリコールとなり、対策措置として、対策済みシートレールの付け替えを行うリコール作業を行うとのことです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう