アウディが限定モデルとして「R8 V10・スポーツエディション」を発表

アウディは、先日より開催されているアメリカ・ニューヨークオートショー2017において、「R8 V10」の限定記念モデルとなる「R8 V10・スポーツエディション」を発表しました。

アウディは、先日の記事にてお伝えした「R8 LMS GT4」に引き続いて2台目の新型車両の発表となります。

関連記事:ニュルブルクリンク24時間耐久レースにてデビュー。アウディの2017年モデル「R8 LMS GT4」が世界初公開に

スポンサーリンク

この個体は、シルバーのボディカラーをベースに、レッドとブラックの組合わせにて仕上げられ、世界限定200台のみ生産されます。
特にブラックカラーのディテール部のアクセントにおいては、ユーザーの要望に応じてオプションにて取り込むことが可能とのこと。

ホイールにおいては、20インチのハイグロスブラック処理された鍛造アルミホイールが装着され、レッドのブレーキキャリパーカバーがによってよりスポーティな印象に。


インテリアにおいては、ブラックとレッドのバイカラーコンビネーションとなるレザーシート。
画像では確認できませんが、ドア・シル・トリムには”1/200″のロット刻印も施されます。


なお、この個体は今年の5月より注文受付をスタート。
グレードにおいても「R8 V10」または「R8 V10Plus」のいずれから選択することが可能となっています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう