2018年モデル・メルセデスベンツ「Sクラス・W222」の最後のティーザー画像が公開に。3ラインのヘッドライトは確実

メルセデスベンツのフラッグシップモデルであり、2018年のフェイスリフトモデルとして登場予定の「Sクラス・W222」のティーザー画像が公開に。

上の画像より、ほぼフロントデザインが判明しているようにも思えますが、来週より開催される上海モーターショー2017においては、恐らく更にフロントフェイスの印象が変わるのではないかと推測(これまでのメルセデスベンツの流れ上)。

スポンサーリンク

ただ、その中でもフロントヘッドライトの大きな特徴でもあるブーメラン型のLEDデイライトを搭載した、新開発のLEDマルチビームヘッドライトが採用されることは確実とのこと。

また、今回のモデルからレベル4とレベル5の自律走行支援システムが導入されるとのことですが、自動運転の浸透性が無いせいかそこまで注目度も高くなく、今後メルセデスベンツが発表する自律運転システムが高精度になってくれば、より注目度は高くなるのではないかと推測。
なお、このモデルは、来週より開催される上海モーターショー2017にて世界初公開され、アメリカでは恐らく9月ごろに販売が開始されるとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう