芦有(ろゆう)ドライブウェイに行ってきました。晴天の中、フェラーリやランボルギーニ、マクラーレンも登場

2017-05-04

さて、今年二回目の訪問となる芦有(ろゆう)ドライブウェイ・東六甲展望台駐車場。
本日は、非常に天気も良く、ポルシェを筆頭にフェラーリやランボルギーニ、マクラーレンといったスーパーカー達が続々と登場する、熱気に包まれた朝となりました。

スポンサーリンク

芦有ドライブウェイ・東六甲展望台駐車場に到着したのは午前7時半頃。
本日も地元福井(午前3時半出発)からの参加となります。

最近は、日の出も早くなり(午前6時半には明るくなっている)、早朝の街中にてスーパーカーを目撃する頻度も多くなってきました。
駐車場に着くなり、顔見知りの方とご挨拶をし、色々と車談義に華を咲かせていますと、続々とスポーツカーやラグジュアリーカー達が姿をあらわします。
本日は、やたら国産車が多く目立ちましたが、時間が経つにつれて欧州車がどんどん集まってきます。
まずは、スポーツラグジュアリーな一台が登場です。


ベントレー「コンチネンタルGT・コンバーチブル V8S」
実は芦有(ろゆう)にて初めて目撃するベントレーですが、こちらのオーナーさん、たまぁに芦有ドライブウェイに訪問しているとのこと。

膨張色であるホワイトのボディカラーの影響もあって、非常に大柄に見える「コンチネンタルGTC」。
タイプとしては、ラグジュアリーカーに位置するベントレーですが、「コンチネンタルGT」に関しては、アクセルを踏み込んだ時のエキゾーストサウンドは非常に野太く、足回りも中々に硬いスポーツ仕様とのこと。

内装も、ラグジュアリーというよりも、完全にスポーツ志向で、フェラーリに近いものがあり、ステアリングまでレッドという拘り。

ホイールは、純正の20インチ。
キャリパーカバーも内装同様に、レッドカラーとなっていますね。

ちなみに、こちらの個体のパワートレインは、排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを登載し、最高出力528ps、最大トルク680Nmを発揮し、気筒休止システムも導入されている意外とエコなモデルとなります。
駆動方式はAWDで、トランスミッション8速ATとなりますね。

続いては、ちょっと珍しいランボルギーニが登場。


ランボルギーニ「ウラカンRWD・スパイダー」
ランボルギーニ「ウラカン・スパイダー」の後輪駆動モデルとなりますね。
実は今回、芦有にて「ウラカン」を目撃するのは初めて。
こちらのオーナーさん、この個体以外にもフェラーリ「458イタリア」も所有しているとのこと。
ボディカラーは、ホワイトとシルバーの中間色(メタリック系)といったところで、非常に引き締まったボディラインとなります。

個人的には、今一番注目しているモデルではありますが、こうして生で見てみると、やはりホワイト系も美しいですね。

ホイールは、オプションとなる20インチのGianoに、ハイグロスブラック処理を施しており、ブレーキキャリパカバーはスポーティなレッドカラー。
ちなみに、後輪駆動モデルではカーボンブレーキはオプションで、標準はスチールとなります。

内装は、非常にシンプルなブラックとレッドのバイカラーレザーシート。
センターコンソールにある、レッドのフリップともマッチしており、とても刺激的な一台となっています。

ちなみに、こちらの個体のパワートレインは、排気量5.2L V型10気筒自然吸気エンジンを登載し、最大出力580ps、最大トルク540Nmを発揮し、0-100km/hは3.6秒にて到達、最大速度は319km/hとなります。

続いては、マクラーレンの登場です。

マクラーレン「675LT」
マクラーレンのスーパーシリーズの最上位に位置する個体となります。
こちらのオーナーさん、以前の芦有にて、オレンジカラーの「570S(代車)」にて登場されたとてもお洒落な方ですね。

ボディのあらゆるところに、とにかくカーボンが多く使用され、他にもエンジンやシャシーも含め最大限の軽量化が図られています。
車体重量は、「650S」よりも100kgも軽い1,230kg。

残念ながら、内装を撮影することはできませんでしたが、ブラックとオレンジのバイカラーとなっており、それに合わせてブレーキキャリパカバーもオレンジとなっていて、統一感のある一台となっていますね。
ボディカラーがシルバーというのもハイセンス。

とにかく、車高が低いこと低いこと。
最低地上高さは不明ですが、恐らく100mm程度ではないかと推測。

マクラーレンの大きな特徴でもあるバタフライドアは健在ですね。
ちなみにこちらの個体のパワートレインは、排気量3.8L V型8気筒ツインターボエンジンを登載し、最大出力675ps、最大トルク700Nmを発揮し、0-100km/hの加速時間は2.9秒、最高速度は330km/hにまで到達します。

続いては、メルセデスベンツAMGの限定モデルの登場です。

メルセデスベンツAMG「SLS・ブラックシリーズ」
こちらの個体、日本では限定25台しか割り当てられなかった幻の個体で、車両本体価格にして3,250万円と非常に高額。
サーキット走行といった、本格的なスポーツドライビングを求める方を対象に生み出されたモデルで、「SL65・ブラックシリーズ」、「C63・ブラックシリーズ」に次ぐ第三弾目のスペシャルシリーズとなりますね。

写真を見ての通り、フロントノーズがとにかく長いわけですが、このフロント下に潜むエンジンは、排気量6.3L V型8気筒エンジンが搭載されており、バルブトレインやクランクシャフト、オイルポンプと言ったパーツが最適化されて、最高出力631ps、最大トルク635Nmを発揮する、スーパーカー顔負けのスペックを持っています。
ちなみに、0-100km/hの加速時間は3.6秒。

ちなみに、こちらの個体のタイヤには、ミシュランのレタリングが施されており、非常にオシャレですね。

最後は、フェラーリのあの特別モデルが登場です。


フェラーリ「458スペチアーレ」
フェラーリ「458イタリア」の特別モデルで、フロントバンパーやリヤディフューザーが専用パーツとなっている、まさしく”スペチアーレ(特別)”モデルとなります。

ボディカラーは、かなり濃色系のブルーに、ホワイトとブルーのセンターストライプ。
非常に引き締まりのあるボディと、「458イタリア」には無い超攻撃的なフロントデザインが印象的で、これまでのフェラーリの”上品さ”というイメージを打ち破った、ある意味”原点”ともいえるモデルだと思います。

サイドから見ると、やはりホイールベースは非常に長く、濃色系ブルーのボディにイエローのブレーキキャリパカバーがちょっとした遊び心を持っていて、非常にマッチしていますね。

フロントボンネットの形状等、少々複雑な部分はありますが、「458イタリア」にはない”くびれ”を持った細マッチョボディで、とにかくセクシー。

至高のフェラーリですね。
ちなみに、こちらの個体のパワートレインは、排気量4.5L V型8気筒エンジンを登載し、最高出力605psを発揮。0-100km/hの加速時間は3.0秒となっています。

今回も、各種様々なスーパーカーが登場し、非常に活気に満ち溢れた朝となりました。
また次回も訪問したいところです。

過去、芦有訪問記録

高級車達の集い。芦有(ろゆう)ドライブウェイの東六甲展望台に行ってきました

とんでもないスーパーカーの登場だ。2週続けて芦有(ろゆう)ドライブウェイの東六甲展望台に行ってきました

ステルス戦闘機の登場だ。芦有(ろゆう)ドライブウェイの東六甲展望台に行ってきました

久々の訪問。芦有(ろゆう)ドライブウェイの東六甲展望台に行ってきました

男のロマンが詰まった聖地。芦有(ろゆう)ドライブウェイの東六甲展望台に行ってきました

クリスマスでも高級車達が集う。2016年最後の芦有(ろゆう)ドライブウェイに行ってきました

芦有(ろゆう)ドライブウェイに行ってきました。スーパーカーだけでなく、本物のレーシングカーも参戦で大盛況

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう