DMCとMECデザインが共同デザインしたメルセデスベンツAMG「GT」が公開に

ドイツのチューナーであるDMCとMECデザインが、共同でデザインしたメルセデスベンツAMG「GT」のカスタムイメージ画像を公開しました。

スポンサーリンク

このメルセデスベンツAMG「GT」は、フロントリップスポイラーやスポーティなエプロン付きのリアバンパー、3段階設定可能なアジャスタブルリアウイングなどからなるボディキットが装着され、更にはMECデザイン製の21インチのTARTAROSアルミホイールなど、両ブランドが提供しているパーツを用いて製作されているとのこと(足回りのブレーキキャリパカバーはメルセデスベンツAMG純正)。



関連記事①:StarkeUSAがメルセデスベンツAMG「GT S」ベースのカスタムモデル「GT RS」を公開に


ドイツにて、何とも派手なカラーにワイドボディ化されたメルセデスベンツAMG「GT S」が登場。
こちらの個体、カーデザイン等を手掛けるチューナーのStarkeUSAが施したもので、車両名称は「GT RS」に改名。
ベース車両は上述の通り「GT S」なのですが、見た目的には「GT R」でも「GT S」良いという意味合いから両方の末尾をとって「GT RS」と呼んでいるとのこと。

今回、StarkeUSAがカスタムしたのは、フロントバンパーやサイドスカート、パネル、フェンダー、リヤディフューザー、スポイラー、更には20インチ合金ホイールを装着したワイドボディキットを揃え、各種パーツ部には可能な限りカーボンを使用しています。

ホイールにもカーボンファイバが使用され、軽量化だけでなく強度も向上させることで、安定した走りを追求(実際のところ向上しているかは不明ですが)。
その他足回りにおいてもカーボンセラミックブレーキを使用し、キャリパカバーはゴールド(ブロンズにも見える)を採用。

また、ボディカラーについてはガルフデザインを採用し、ド派手さだけでなくスポーティも向上。以前、ポルシェの究極のチューニングモデル「9ff GT9 CA」にも似たカラーデザインとなっていますが、こういったターコイズブルーとオレンジの組合わせというのは海外では非常に人気が高いとのことです。

関連記事:究極の400km/h超え。ドイツにて、ポルシェ「9ff GT9 CS」が目撃される【動画有】

【Widebody Mercedes AMG GT RS by Starke USA!】

関連記事②:WheelsandmoreがメルセデスベンツAMG「GT Cロードスター」を過激チューン。フェラーリ「488スパイダー」と同等のパワーを発揮

WheelsandmoreがメルセデスベンツAMGの新グレードオープンモデルとなる「GT C・ロードスター」を過激カスタム。
過去にアストンマーティンやフェラーリといったスーパーカーメーカをカスタムするWheelsandmoreですが、今回は珍しくも「GT C」を手掛けるという点については目の付け所が中々に違うと感じますね。

「GT C」は、AMGがラインナップする「GT S」とロードゴーイングレーサー仕様となる「GT R」の中間グレードを指し、パワートレインは排気量4.0L V型8気筒直噴ツインターボエンジンを搭載。
最高出力・最大トルクは「GT S」よりも35ps・10Nm高く、「GT R」より28ps・20Nm低い557ps・680Nmを発揮。
0-100km/hの加速時間は3.7秒(ロードスターは3.8秒)にて到達します。

今回、そんな「GT C」のオープンモデル「GT C」を過激にカスタムしてるわけですが、やはりまず注目すべき点は豪快な足回りですね。
超小型デザインとなるF.I.W.Eのセットにてカバーしたフロント21インチ×9j、リヤ21インチ×12.5jの大口径&異径のマットブラック仕上げとなる合金ホイールにミシュラン製パイロットスーパースポーツのフロント245/30、リヤ325/25の極太タイヤを装着。

そして、「GT C・ロードスター」を更にアグレッシブに見せるために、適度な低さにまでローダウン。これはトラック専用パフォーマンス向上を目的としたKW製コイルオーバーサスペンションへと置き換えられています。

そして最後に注目すべきはパワートレインで、排気量等はそのままでありながらECUセットアップにより最高出力557ps→680ps、最大トルク680Nm→821Nmへとフェラーリ「488スパイダー」を圧倒するほどの過激チューン。
(「488スパイダー」は、排気量3.9L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力670ps、最大トルク760Nmを発揮)
0-100km/hの加速時間はまで公開されていませんが、恐らく3.5秒未満まで迫る驚異的な加速力を持つと考えられますね。

関連記事③:レンテックがメルセデスベンツAMG「GT R」を過激チューン

BMWやアウディ、メルセデスベンツの欧州モデルをメインに手掛けるチューナ・レンテックが、過激なオレンジカラーのメルセデスベンツAMGの上位スポーツモデル「GT R」をカスタム。
基本的にはエンジンチューニングがメインとなりますが、「GT R」のベースとなる排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力525ps、最大トルク700NmとなるスペックをECUセットアップとBOVアダプター、ハイフローエアーフィルター、ステージⅡアップグレードターボチャージャーを含むR3パフォーマンスパッケージにより大幅チューンアップ。

レンテック曰く、シンプルなチューンアップを行っただけとのことですが、より大きなコンプレッサーとタービンホイールの適合によりOEMターボチャージャーコアを改造することで、最高出力525ps→765ps、最大トルク700Nm→856Nmへとかなり過激に向上。
これにより、0-100km/hの加速時間は3.6秒→3.1秒へと劇的な変化を得ています。

なお、レンテックは過去にもメルセデスベンツAMG「S65/S63」といったラグジュアリースポーツモデルのカスタムも実施済みですが、このときもシンプルなECUセットアップのみで最高出力630ps、最大トルク1,001Nmの過激なチューンナップを行っており、海外からの問い合わせが非常に多かった模様。
今回の「GT R」のシンプルチューンナップも、数多くのファンからの要望により実現したカスタムチューンであるとのことです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう