まさに異種格闘技戦となる、10台のチューニングカーがドラッグレース。運転しているキャラクターにも注目だ【動画有】

世界的に有名なチューニングメーカ・Levellaが、何とも奇想天外なドラッグレースバトルを企画。

それは、各メーカの車体やスペックは完全無視して、独自にチューニングされた個体での0-800mドラッグレースを行うというもの。

スポンサーリンク

登場する車両は、

・アストンマーティン「V8ヴァンテージ」
・アウデ「RS6」
・BMW「M3」
・メルセデスベンツAMG「C63 Sクーペ」
・日産「GT-R」
・フォルクスワーゲン「ゴルフR」
・ランボルギーニ「アヴェンタドール・ピレリエディション」
・ランボルギーニ「ウラカン・スパイダー」
・ポルシェ「パナメーラ」
・ポルシェ「991 TurboS」

と、とにかくジャンルはバラバラではあるものの、ある意味見応えのある内容になっています。
しかも、各車両に乗車しているのは、ダースベーダ―やバッドマンといった悪役キャラクターが主で、ちょっとユーモラスな内容にもなっていますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう