インドネシアにて、フェラーリ創立70周年イベントが開催。130台ものフェラーリが集まり圧巻のスケール【動画有】

先々週の4月23日(日)に、インドネシア・ジャカルタにて、フェラーリの70周年を記念するイベント「フェラーリ・フェスティバル・オブ・スピード」が開催されました。
本イベントでは、3,500人以上のフェラーリオーナーとファンたちが集い、更には130台以上のフェラーリの新旧モデルが一斉パレードランを行いました。

スポンサーリンク

今回のイベントは、フェラーリオーナーズクラブインドネシア(FOCI)が主催したもので、ジャカルタを始め、バンドン、スラバヤ、マラン、バリ等のインドネシアの様々なオーナーが参加し、約3.2kmのオーダーメイドの仮設サーキットを貸切にしてパレードが行われました。

なお、参加している車両としては、「ラ・フェラーリ・アペルタ」「ラ・フェラーリ」「エンツォ・フェラーリ」「F40」「360チャレンジストラダーレ」「575スーパーアメリカ」「599GTO」等のスペチアーレモデルを始め、「250TR」「ディーノ246GTS」「265」「GTC4ルッソ」「265 GT 2+2クイーンメアリー」「360モデナ」「F430」「599GTB」「488GTB」「599XX」「488チャレンジ」「488GT3」等のレーシングカーを含むモデルも登場していますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう