知ってた?フォード「マスタング」のノーズは、スターウォーズの「ダース・ベーダ―」からヒントを得ていた模様

2018年モデルの新型となるフォード「マスタング」のフロントノーズのデザインが、人気映画「スターウォーズ」に登場する悪役「ダース・ベーダ―」からヒントを得ていたことが発覚。

これは、フォードのデザイン部門マネージャーであるメルヴィン・ベタンコート氏が自身のコメントにて発表したとのことですが、実は以前からかなり噂されていただけに、驚きは小さいものの、改めてその事実を知ると「やっぱりそうだったのか」と感じる面もありますね。

スポンサーリンク

デザインマネジャーのメルヴィン氏は、これまでのフォードのスポーツカーを更にアグレッシブかつ「いかにスポーツカーらしくするか」というところを課題においていたところ、悪役「ダース・ベーダ―」の顔つきが、「マスタング」のフロントヘッドライトやフロントエンドのデザインに大きく影響され、アグレッシブな顔つきに変身することができたとのことです。

ちなみに、「マスタング」がヘッドライトにて点灯したときの色合いや顔つきも、「ダースベーダ―」の雰囲気に似せるように工夫されたとのことで、今回の新型「マスタング」は、相当に「ダースベーダ―」からインスパイやされたモデルであることがうかがえますね。

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう