マツダの現行モデル「デミオ」がリコール。後付けLEDフォグランプに不具合か

自動車ニュース”Response”の記事より、マツダの現行モデル「デミオ」がリコール。

リコールの内容としては、付け用品のLEDフロントフォグランプの不具合によるものであるとのことで、取り付ける際に使用するハーネスが不適切なため、右側のヘッドライトもしくは右側スモールランプに電気が流れず、不灯となるおそれがあるとのことです。

スポンサーリンク

対象となるのは、2016年10月4日から2017年2月16日までに生産されたモデルで、台数は意外と少なめの97台のリコールとなります。

対策措置としては、点検を行い、対策品に交換するなどのリコール作業を行うとのことです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう