中国の電気自動車・NIO「EP9」がニュルにてラップタイム6分45.9秒に更新。ランボルギーニを撃破【動画有】

ランボルギーニのハイパフォーマンスモデル「ウラカン・ペルフォルマンテ」がニュルブルクリンクにて、市販車最速の6分52秒を樹立したばかりにも関わらず、アメリカメーカのSCG「SCG003」が非公式記録ながらも6分40秒にて塗り替えたことをコチラの記事にて公開しましたが、今回は中国の電気自動車メーカ・NIO「EP9」が正式記録として6分45.9秒をマークし、「正式にウラカン・ペルフォルマンテ」の記録を打ち破ったことがわかりました。

スポンサーリンク

NIOのCEOであるGerry Hughes氏は、同社の成果について「EP9の今回のタイムレコードは、以前計測したタイムよりも19.22秒速くなっている」と称賛のコメント。

ちなみに、NIO「EP9」のパワートレインとしては、各車輪に高性能モータを搭載し合計出力1,360psを発揮する100%電気自動車で、最高速度は313km/h、0-200km/hの加速時間は7.1秒ととんでもないスペックを持っています。
なお、最大航続可能距離は427kmで、たった45分にてフル充電可能。

世界限定10台のみの販売を予定しており、価格は約1.6億円となっています。

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう