レクサス宝塚さんにて、100%ガソリンモデル「LC500」が納車。しばらくは展示車に

さて、本日レクサス「CT200h F SPORT」のエンジンオイル交換のため、レクサス宝塚さんに訪問しましたが、納車エリアに100%ガソリンモデルの「LC500」が展示されていました。

この個体は、レクサス宝塚さんに2日前に納車されたばかりのもので、ナンバーも取得できていない状態のため、とりあえず納車エリアに仮保管されているとのことです。

スポンサーリンク

今回納車された個体は「LC500 S Package」という最上位グレードで、車両本体価格は1,400万円となっています。
ルーフがカーボンとなっていて、以下の画像の通り、ボディカラーは「ネープルスイエローコントラストレイヤリング」というオプションカラー(税込162,000円)で、非常に派手な色合いとなっていますね。
また、上述の通りナンバーも取得されていないため、一旦は納車エリアにて保管されていますが、今回無理を申して、写真を数枚撮影させていただきました。

ホイールはポリッシュ仕上げ+ブラック塗装の21インチホイールとなります。
フロント245/40RF21+リヤ275/35RF21の異サイズになりますね。

少し拡大してみると、ブレーキキャリパカバーがブラックカラーになっていて、スポーティな印象を与えていますね。

ちなみに、”S package”というグレードでは自動格納式のアクティブリヤウィングが装備されますね。

インテリアカラーは「ダークローズ」となっており、シート材質はアルカンターラ/本革となっていますね。
※この日はカメラを持参するのを忘れてしまい、携帯にて撮影しております。

全体的に質感が高く、またイエローとダークローズという組合わせもかなりナイスで、非日常的な世界観が漂っています。

ちなみに、「LC500 S Package」は、しばらく展示車両として店内に1~2か月程展示されるとのことですが、恐らく7月以降に試乗車両に移り変わるとのこと。
そのときには、是非とも試乗させていただき、改めて細かくインプレッションしていきたいところですね。

「LC500」の反対側には、試乗車の「LC500h L Package」、その隣にはランボルギーニ「ウラカンLP610-4・クーペ」が駐車されていましたが、こうして改めて見てみると、やはり「ウラカン」は”かなり低い”ですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう