これがフラグシップサルーンだ アウディ「A8」の開発車両を捕捉

20160926_1_a8

ドイツにて、アウディのフラグシップサルーンで次期フルモデルチェンジされる「A8」の開発車両を捕捉しました。

スポンサーリンク

今回捕捉されたアウディ「A8」ですが、未だカモフラージュが厚く、はっきりとしたデザインを確認することができませんが、現行の「A8」よりも更にワイド&ローな立ち振る舞いと、様々な発光パターンが可能なコンビネーションランプ等が準備されるといわれています。

なお、アウディ「A4」にも採用されている新型プラットフォーム”MLB Evo”も「A8」にて共有され、より安全性能を高めたほかのラインナップには無い特別な一台を作り上げるだという考えられますね。
また、「A8」の内装においては、特殊なタッチパネルや最先端を駆使したディスプレイを採用する等で、こちらも競合車種との差を図るべく開発面でもしのぎを削っているとのことです。

20160926_2_a8

20160926_3_a8

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう