アメリカにて、V8エンジンを登載したマツダ「ロードスター/MX-5」がバーンアウト→エンジン爆発で大炎上【動画有】

先週、アメリカ・ヴァージニア州のAltonにて開催されたハイパーフェス2017より、V8エンジンを搭載(むき出)したマツダ「ロードスター/MX-5」が、障壁を前にしてバーンアウトするというパフォーマンが公開に。

ここで登場する「ロードスター/MX-5」は、ひたすらに後輪を空転させ、タイヤと路面の摩擦を利用してV8エンジンのパワーを利用して異常なまでの煙を吹き出すというパフォーマンを発揮しているわけですが、数秒経過してクラッチディスクはベルハウジングを突き抜けて、エンジンが爆発→大炎上するというとんでもない事態に。

スポンサーリンク

この爆発事故により、幸いドライバは無傷で脱出することができたものの、今回のこのイベントでエンジン爆発をおこしたのはこのマツダ「ロードスター/MX-5」のみ。
もちろん、この個体は大炎上により廃車扱いになったとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう