2,300馬力まで過激チューン&ツインターボ化したダッジ「ヴァイパー」が登場。ハーフマイルでもとにかく大暴れ【動画有】

マッスルカーが更にマッスルに

アメリカのチューナーであるCalvo Motorsportが、ダッジの上位スポーツモデルとなる2014年式の「ヴァイパーTA」をツインターボ化(エンジンベースは排気量8.4L V型10気筒自然吸気エンジン)し、更には最高出力2,300psという異常なチューニングを実施。

スポンサーリンク

これにより、以下の動画では、ハーフマイル(0-800mのドラッグレース)にて、日産「GT-R」とレースバトルを繰り広げるわけですが、その驚異的な速さから、ベストパスとなる9.62秒を記録し時速241km/hにまで到達するという結果に。

なお、このチューニングされた「ヴァイパーTA」には、フロント&リヤともに18インチホイールが装着されているわけですが、パワーエンジンに対して、後輪の駆動力が追いつかないということで、18インチ→15インチと3インチもダウンしているわけですが、これにより加速時のホイールスピン並びに加速力向上につながるとのこと。

【GENERAL LEE Would be Proud – 2,300hp Turbo Viper!】

☆★☆ドラッグレース関連記事5選はコチラ!☆★☆

マクラーレンやポルシェには負けねぇよ。720馬力に鬼カスタムされたBMW「M5」が登場【動画有】(2018/8/4投稿)
もはや戦意喪失。ドノーマル仕様のマクラーレン「720S」vs750馬力仕様の日産「GT-R」がドラッグレースバトル→「GT-R」惨敗【動画有】(2018/7/29投稿)
帝王に敗れしランボルギーニ「ウラカン」vsシボレー「コルベットZR1」がドラッグレースバトル。果たして勝つのは?【動画有】(2018/7/27投稿)
1,166馬力までチューンしたダッジ「チャレンジャーSRTヘルキャット」と帝王・マクラーレン「720S」がドラッグレースバトル。運命の勝敗はいかに?【動画有】(2018/7/26投稿)
ランボルギーニ「ウラカン」が帝王・マクラーレン「720S」にリベンジマッチ→ハンディ貰うも惨敗【動画有】(2018/7/19投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう