ロールスロイス「ドーン」がたった1台だけリコール。エアバッグが展開しない恐れ有り

自動車ニュース”Response”の記事より、ロールスロイス「ドーン」がリコール。

リコールの内容としては、サイドエアバッグの不具合によるもので、エアバッグのインフレータ(膨張装置)において、製造管理が不適切なために点火剤が設計通り調合されていないものがあるとのこと。
そのため、衝突時にエアバックが展開せずに乗員が過度の傷害を負うおそれがあるということです。

スポンサーリンク

なお、対象となるのは、2016年9月23日生産された1台のみというかなり限定的なリコールとなりますが、こういった単独リコールは極めて珍しいとのこと。

対策措置は未だ発表されていないものの、恐らく「ドーン」オーナーに具体的なリコール措置の説明がおこなれているのではないかと考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう