Powered By 画RSS

日本メーカ >トヨタ/レクサス

トヨタ「ハリアー」がマイナーチェンジ。流れるウィンカー採用&2Lターボモデルがラインナップに

トヨタのSUVモデルとなる「ハリアー」が、本日よりマイナーチェンジして販売を開始。
今回のマイナーチェンジにより、外観や内装の改良、パワートレインと安全機能の追加といった、非常に充実したモデルになっています。

まず外観においては、以前からかなり注目されていた流れるウィンカー(シーケンシャルウィンカー)が採用。
ただし、シーケンシャルウィンカーは、「CH-R」と同様にフロントのみとなり、リヤは点滅式になります。

最近、アウディやレクサスがラインナップを改良していくとともに、合わせて採用されるシーケンシャルウィンカーは、絶大な人気を誇っており、今回の「ハリアー」への採用は、かなりの需要が見込まれると推測。

外観(エクステリア)のフロントにおいては、マイナーチェンジ前よりも、アッパーグリルが薄くなり、ロアグリルが拡大されたことにより、ワイド&ローの印象を大きく受けていますね。
とくにロアグリルのデザインは最近の「フィールダー」に近いものとなっています。

一方のリヤにおいては、リヤコンビネーションランプが赤色という若干の小変更となりますね。


内装においても、夏場にシートをひんやりすることが可能なベンチレーション機能が設定され、電動パワーシートの向上、パネル周りの質感も向上しています。

パワートレインについては、今回のマイナーチェンジによりダウンサイジング化された排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジンが新たにラインナップされ、最高出力231psを発揮し、低回転からの高トルクを発揮することで加速時のストレスを抑えた人気の高いモデルとして登場。
もちろん、価格帯としても非常にリーズナブルなものとなり、ベースグレードとなる"ELEGANCE"で338万円~、"PREMIUM Metal and Leather Package/PREMIUM"で352万円~、"PROGRESS Metal and Leather Package/PROGRESS"で405万円~となっています。

なお、安全装備においてもトヨタ・セーフティ・センスPが全車に標準装備されることが義務付けられるだけでなく、電動パーキングブレーキ機能の追加され、機能性においてもかなりの向上が見られています。

ちなみに、既に一部のディーラでは納期3か月待ちという情報もあり、こんかいのマイナーチェンジモデルも、かなりの人気になると考えられます。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-日本メーカ, >トヨタ/レクサス
-, ,