パリにて、希少なパガーニ「ウアイラ・カーボンエディション」が目撃に【動画有】

フランス・パリにて、世界限定100台のみのパガーニ「ウアイラ」が目撃に。
しかも、その中でも希少性の高いフルカーボンの「ウアイラ・カーボンエディション」が目撃されているわけですが、ボディ全体からブレーキ、サイドミラー、一部内装までそのほとんどがカーボンにて仕上げられているため、車体重量は不明ながらも相当軽量ではないかと思われます。

ちなみにボディカラーは、少し濃いめのブルーとなりますが、このボディカラーとカーボンが混合した特殊な材質となると、カラーオプション代だけでも最低でも500万円は下らないのだとか。

スポンサーリンク

ちなみに、パガーニ「ウアイラ」は2011年に発表されたモデルで、先代モデルは「ゾンダ」。
「ウアイラ」はケチュア語で”風”を意味しており、南米の先住民族が信仰する神の名前でもあるとのこと。

フロントスポイラーから、サイドスカート、リヤディフューザーにかけても、カーボンファイバ製のフルエアロが装着されていますが、カーボンボディの上にカーボンを組合わせるというのは、パガーニやブガッティ等のハイパーカーレベルではないでしょうか。

ちなみに、「ウアイラ」のパワートレインは、排気量6.0L AMG製V型12気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力730ps、最大トルク1,000Nmを発揮。
0-100km/hの加速時間は3.2秒、最高速度は驚異の370km/hにまで到達するとのことです。

生産台数は一応世界限定100台のみ(価格は約1.3億円)となっていますが、年間で生産できるのはたったの20台のみ。
つまり100台生産するのに5年もかかるわけですね。

【伊パガーニ新型スポーツカー「ウアイラ」日本発売=最高出力700馬力、価格1.3億円】


Reference:AUTO GESPOT

「ラ・フェラーリ」にも負けない存在感
関連記事:事故したパガーニ「ウアイラ・パール」がモナコにて登場。「ラ・フェラーリ」を圧倒する存在感(2017/8/16投稿)

モナコにて、昨年の事故から見事復活を果たしたパガーニのワンオフモデル「ウアイラ・パール」が「ラ・フェラーリ」達とカルガモ走行しているところを目撃に。

「ウアイラ・パール」は、イギリス・ディーラのRefined Marques社を通して特別なオーナーがオーダーした世界に一台だけのワンオフモデルであり、カーボンファイバ製のボディワークが透けて見えるというブラックとブルーのカラーが特徴的で、その存在感たるや後方にいる「ラ・フェラーリ」を圧倒する程に驚異的ですね。

このワンオフモデルのパガーニ「ウアイラ・パール」は、昨年の7月ごろにパリの中心街にてオーバースピードによりコントロールを失い、近くに駐車していたプジョー「308」とクラッシュ。
これにより、リヤを大破するという大事故が発生し、世界的ビッグニュースとなっていましたが、この「ウアイラ・パール」がパガーニ本社に送られ、約9か月後に無事に修復されました。

しかも、この帰還したモデルは「ゾンダS/ゾンダR」や「ウアイラBC」の設計要素を持っているという、いわば”いいとこ取り”の最強モデルとして復活。
最高出力は「ウアイラBC」と同様の739psを発揮し、アップグレードしたスポーツサスペンションや、次世代7速マニュアルトランスミッションを搭載。
価格は概ね3億円近くと考えられますが、そのまえに修理費用も含めると相当な金額が発生している思いますね。

通常の「ウアイラ」に比べて、デザインが変更されているフロントスポイラーやデュアルリヤウィング、ルーフには特徴的なシュノーケル型エアインテークが設けられていますね。

ちなみに、インテリアにはホワイトカラーのレザーシートが使われており、それ以外のところには銀やカーボンファイバが使用され、もちろんではありますが、プラスチックは使用していません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう