Powered By 画RSS

スーパーカーメーカ 日本メーカ その他 >ドラッグレース関連 >ランボルギーニ >日産/インフィニティ

やはり強い。ハーフマイルレースにて、約3,000馬力までパワーアップした日産「GT-R」が世界記録更新【動画有】

以前、アメリカ・ノースカロライナ州のイベントにて、ランボルギーニ「ウラカンLP610-4」が、ハーフマイル(0-800)レースに挑戦し、時速402km/h(250mph)というとんでもない記録をたたき出し、世界最速記録として登録された、という記事を公開しましたが、今回その記録を過激チューンされた日産「GT-R」が見事に更新しました。

今回登場している日産「GT-R」は、エクストリームターボシステム(ETS)と、ビレットのV型6気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力 約3,150psまで向上させ、おまけにハーフマイル(0-800)での最高時速を「ウラカンLP610-4」の時速402km/h(250mph)よりも速い、時速410km/h(255mph)に到達し、見事記録を打ち破ったとのこと。

もちろん、この記録を打ち破るには相当なチューニングと車体のバランスが"きも"となってきいますが、何せあまりにも速過ぎる結果に、今後しばらくはこの記録を打ち破る個体は登場しない可能性もありそうですね。

関連記事:ランボルギーニ「ウラカン」がアメリカのイベントにて0-800に挑戦→まさかの世界記録に

アメリカ・ノースカロライナ州にて行われたWannagofastのイベントにて、特別企画として行われた0-800記録にランボルギーニ「ウラカンLP610-4」が挑戦することに。

驚くことに、この0-800の挑戦にて、「ウラカンLP610-4」が時速402km/h(250mph)を更新し、これが世界最速記録として登録されることとなりました。っというのも、実は0-800の記録はそこまで浸透性が無いとのことで、挑戦する個体も非常に少ないとのこと。

そのため、参考記録となるものがほとんどない状態から実際されたため、実質「ウラカンLP610-4」が世界記録を所持することに。

ちなみに「ウラカンLP610-4」を操作していたドライバは、世界で初めてゼロヨンにて6秒台をたたき出した日産「GT-R」ドライバでお馴染みのGigi Chamdi氏。

彼は、この「ウラカンLP610-4」の後に、アウディ「R8 V10 Plus」においても0-800記録に挑戦し、最高速度393km/h(244.8mph)を記録しているとのことで、スタートダッシュのための絶妙なアクセル捌きはピカイチなのかもしれません。

Reference:autoevolution

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-スーパーカーメーカ, 日本メーカ, その他, >ドラッグレース関連, >ランボルギーニ, >日産/インフィニティ
-, , , , ,