これは一体?ニュルブルクリンクにて、謎のブガッティ「シロン」が目撃に【動画有】

ドイツ・ニュルブルクリンクにて、かなり違和感のあるブガッティ「シロン」が目撃に。
今回目撃されている「シロン」ですが、全体的なスタイリングは特に変化はないものの、何故かリヤコンビネーションランプが左右繋がれたシームレスライトではなく、左右単独となっていることから、もしかすると新たなるハードコアモデル?の開発車両の可能性がありますね。

スポンサーリンク

フロントからの捕捉にも成功している以下の画像ですが、フロントバンパーの異常すぎる汚れっぷりから、相当なテスト走行が行われているのではないかと思いますが、今現在のところはどういったモデルとして新たに販売されるかは不明。

前モデルとなる、ブガッティ「ヴェイロン・スーパースポーツ」のような、エアロパーツや足回り、エンジンの強化によって過激なスペックへと変貌を遂げていましたが、「シロン」に更なる改良を加えるとなると、現在の最高出力1,500psから一体どの程度まで向上されるのか非常に気になるところ。

最近では、「シロン」の性能を上回るであろう”世界最速”を謳うヘネシー「ヴェノムF5」が公開されていることもあり、ブガッティとしてもここは黙っていられない立場になってきているため、”世界最速”を奪還される前に、更なる兵器を隠し持っている可能性は十分にありそうですね。

Reference:AUTO GESPOT

関連記事:ヘネシーより世界最速モデル「F5」が登場か。1,500馬力、0-100km/hは2.1秒

ヘネシーは、以前に”世界最速”と謳っていた「ヴェノムGT」のクーペ&コンバーチブルモデルを発表していましたが、今回新たなモデルとして、更に”世界最速”となる「F5」を発表。

この個体は、今年の後半にその詳細が明らかにされる予定とのことで、現時点で明確になっていることとしては、ヘネシーが競合とするモデルは紛れもないブガッティ「シロン」であるということ。

そして、今回の新型「F5」に関しては、以前に発表された「ヴェノムGT」のシャシーを流用せず、全くの”ゼロ”の状態から設計し、デザインにおいても更なる独自性を発揮していくとのこと。

その一方で、最も注目されるであろうパワートレインについては、現段階での予測情報として、(排気量+エンジンは不明でありながら)最高出力1,500psを発揮し、0-100km/hの加速時間は2.1秒、最高速度は466km/hになるのではないかとのこと。

特に0-100km/hの加速時間においては、ブガッティ「シロン」の公称値は”2.5秒未満”となっているため、ガソリン車両最速と謳うには十分なスペックともいえますし、現段階での0-100km/h最速モデルのダッジ「チャレンジャーSRT・デーモン」のスペック(2.1秒)と同等レベルであることから、紛れもなく”世界最速”と謳うことができるのではないかと思いますね。
※ちなみに、ブガッティ「シロン」の最高速度は420km/h

なお、今後ヘネシーは、「F5」に関するエピソード動画を公開していくとのことなので、更新され次第併せて当ブログでも公開していきたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう