スーパーカーメーカ >ブガッティ

ニュルブルクリンクにて、ブガッティ「シロン」のプロトタイプをまたまた捕捉。1,800馬力超えは確実か【動画有】

以前、ブガッティ「シロン」のハイパフォーマンスモデルと思わしき開発車両を、ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットにて捕捉された記事を公開しましたが、今回もまた同所にて目撃に。

やはり、以前と同様にマットブラックのボディカラーで、メッキ等何も施されていない素のままの「シロン」が高速域に走行していることが確認できます。

スポンサーリンク

今回の「シロン」のハイパフォーマンスモデルは、前回の1,001ps→1,200psに向上させた「ヴェイロン・スーパースポーツ」に比べ、更なる技術力と改善が必要になると思われ、特にシャシーにおいては、全くの同一製品で搭載させてくるとも限らず、最高出力も1,800psに到達するのではないか、との噂も浮上しています。

なお、「シロン」においては、オープンタイプをラインナップすることは無いとのことで、そう考えると「シロン」からはハイパフォーマンスモデルに限らず、ハードコアモデルや更なる上位グレードも登場してくるのではないかとも考えられます。

Reference:CARSCOOPS

関連記事:これは一体?ニュルブルクリンクにて、謎のブガッティ「シロン」が目撃に【動画有】

ドイツ・ニュルブルクリンクにて、かなり違和感のあるブガッティ「シロン」が目撃に。
今回目撃されている「シロン」ですが、全体的なスタイリングは特に変化はないものの、何故かリヤコンビネーションランプが左右繋がれたシームレスライトではなく、左右単独となっていることから、もしかすると新たなるハードコアモデル?の開発車両の可能性がありますね。

フロントからの捕捉にも成功している以下の画像ですが、フロントバンパーの異常すぎる汚れっぷりから、相当なテスト走行が行われているのではないかと思いますが、今現在のところはどういったモデルとして新たに販売されるかは不明。

前モデルとなる、ブガッティ「ヴェイロン・スーパースポーツ」のような、エアロパーツや足回り、エンジンの強化によって過激なスペックへと変貌を遂げていましたが、「シロン」に更なる改良を加えるとなると、現在の最高出力1,500psから一体どの程度まで向上されるのか非常に気になるところ。

最近では、「シロン」の性能を上回るであろう"世界最速"を謳うヘネシー「ヴェノムF5」が公開されていることもあり、ブガッティとしてもここは黙っていられない立場になってきているため、"世界最速"を奪還される前に、更なる兵器を隠し持っている可能性は十分にありそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-スーパーカーメーカ, >ブガッティ
-, , , ,