Rowenがホンダ「S660」をチューン。「シビック・タイプR」風3本出しマフラにカスタム

日本のチューナーであるRowenが、ホンダの軽スポーツモデル「S660」のマフラを中央1本出しから中央3本出しにカスタム。

スポンサーリンク

ただ、カスタムと言っても外観の変更が行われただけで、エンジン出力に変更はなく、最高出力は軽自動車の法定規則ギリギリとなる64ps。
(外観の変化で、以前にリバティーウォーク仕様の「S660」専用ボディキットが販売された)

エキゾーストサウンド自体も多少の変化はあるとのことですが、具体的なデシベル値の変化は不明。
最大トルクは104Nmの6速MTとCVTのグレードに何れにも対応しているとのこと。

Reference:autoevolution

関連記事:これはヤバすぎる。ホンダ「S660」専用のリバティーウォーク(LB)キットが公開に

ランボルギーニやフェラーリ等でよく見かけるゴリゴリのオーバーフェンダー仕様となるリバティーウォークキットですが、遂にホンダ「S660」専用キット「SSX-660R」も公開することに。

過去これまでリバティーウォークは、ミニの「クーパーS R56」以外の小型車両専用のボディキットは製作していませんでしたが、今回の「S660」はダントツの最小モデルとなります。

画像を確認していくとわかりますが、とても軽自動車とは思えないゴリゴリ仕様で、トランクスポイラーやファルコンタイヤが装着されるというとんでもない組み合わせに。
ホイールはブラックペイント処理されていますね。

サイドから確認してみてもわかる通り、完全に着地状態となっています。
オーバーフェンダーの後付け感が丸見えのリベットがかなり悪い感じを引き出していますね。

なお、この「SSX-660R」専用キットは、日本では約47万5,000円にて販売されており、エアレックスエアサスペンションは約58万円にて追加可能となっています。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう