想像もしていなかった。マクラーレンの2016年通期の販売台数は3,286台。営業利益は2.8倍に

マクラーレンは、昨日の6月29日に2016年度の通期決算を公表。
販売台数は3,286台と、2015年度の1,654台の約2倍に及ぶ売上げとなり、売上高においては、約950億円とこちらも2015年度の約650億円よりも1.4倍と大きく伸ばしてきました。

なお、2016年度通期の営業利益としては約96億円となっており、昨年の約34億円よりも2.8倍となり、4年連続にて増加傾向に。

スポンサーリンク

マクラーレンがこれだけの売上げ台数を記録した背景には、やはりエントリーモデルとなる「540C」をはじめとした「570S」「570GT」といったスポーツモデルが大きく貢献しているとのこと。

今回の売上高及び営業利益については、マクラーレンが当初2031年までに目標としていた記録であったとのことで、その目標値よりも14年も早く上回ってしまったことは、恐らく誰も予想できなかったことではないかと思われます。

今後、マクラーレンは「720S」やハイパフォーマンスモデル、更にはハイブリッドモデル等も販売する可能性が高いとのことで、その一方で、2022年までには年間4,500台を販売目標として、更なる技術向上を目指していくとのことです。

Reference:Zero 2 Turbo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう