福井県あわら市の金津創作の森「S fes V」に行ってきた【メルセデスベンツAMG編】

2017-07-02

本日、7月1日(土)~2日(日)は、福井県あわら市にある「金津創作の森」にて、今年5回目の福井ヤナセグループ合同イベントとなる「S fes V」が開催中。

本イベントでは、プロレーシングドライバーのドライビングテクニックを助手席にて体感できる同乗走行・試乗体験会(完全予約制)が行われ、更にはポルシェ、メルセデスベンツAMG、プジョー、シトロエンといった各欧州車両の主要モデル(屋外展示)・最新モデル展示(屋内)、アクセサリーの展示・販売、ドライビングアシスタンス体験、自動駐車システム体験、自動車のらくがきといったイベントが行われます。
今回は、メルセデスベンツAMGの展示車両をアップしていきたいと思います。

スポンサーリンク

「金津創作の森」に訪問したのは、午前10時ちょい過ぎ。
お客さんもそこそこに多かったものの(欧州車にて訪問するお客さんも多かった)、本日はあいにくの雨模様ということもあり、中々展示車両を撮影することができなかったのですが、雨が不規則に降ったり止んだりするタイミングを見計らって何とか撮影することに成功。

今回の展示車両の中で、メルセデスベンツAMGは圧倒的な台数を誇っており、こういったイベントの中でもメルセデス勢が相当に力を入れていることが確認できました。
なお、今回展示されていたのは、ポルシェ同様に主力製品(スマート、Aクラス~Sクラス)が屋外に展示され、最新モデルやプレミアムモデル(GLC、GT S)が屋内展示といった振り分けとなっています。

屋外展示の筆頭役にはスマート「for-two」、そしてその後ろにはメルセデスベンツ勢(A-Class、CLA-Class、B-Class、SLC-Class)。

後衛には、まだまだ巨大勢力が立ち並んでいます。
この日の朝はとにかく雨がひどかったものの、雨に濡れたベンツというのもやはり様になると感じた瞬間でもありました。

更なるメルセデスベンツ勢(E-Class×2、S-Class)。

更には、メルセデスベンツにAMG勢も加わります(GLA、GLC、GLE、V-Class)。

主要ラインナップは屋外展示のみとなりますが、新型車両やプレミアムモデルは屋内にて展示されており、メルセデスベンツAMG以外にもポルシェやプジョー、シトロエン等も展示されていました。

ちなみに、屋内展示において、メルセデスベンツAMGは「E-Class」、「GLC」、「GT S」を展示。

ちなみにこちらは、メルセデスベンツAMGのステーションワゴンタイプとなる「E43 4MATIC」
パワートレインは排気量3.0L V型6気筒ツインターボチャージャーを搭載し、最高出力401ps、最大トルク520Nmを発揮。

2016年に発表された「E43 4MATIC」ですが、エクステリアは、ダイヤモンドグリルやシングルルーバーの専用フロントグリル、そして、Eクラスでは初めてとなる20インチの大口径ホイール、ハイグロスブラックパーツが採用され、圧倒的な存在感持つことに。
インテリアは、専用インテリアトリムとナッパレザーのシートを採用。

続いては、AMGのクロスオーバーモデルとなる「GLC43 4MATIC」となります。

こちらの「GLC43 4MATIC・クーペ」は、中々見かけることが少ないモデルなので、今回確認できて良かった個体でもありますね。

クロスオーバーモデルとは言うものの、サイドから確認すると、そのスタイリングはもはや大型サルーンですね。

全体的に、とにかく”大柄”という印象があるものの、その一方で、非常にシンプルなプレスラインと、キュッと引き締まったボディラインは意外にもスタイリッシュ。

「GLC43 4MATIC」のパワートレインは、排気量3.0L V型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力367ps、最大トルク520Nmと、上述の「E43」に近いスペックとなっていますね。

そして、今回のイベントの目玉と言っても良い個体が登場。

メルセデスベンツAMG「GT S」
メルセデスベンツAMG唯一のガルウィングドアタイプとなる「SLS」後継モデルとなる「GT」のハイパワーモデルとなるのが「GT S」ですね。

「GT S」は何度か拝見したことはあるも、一番気になっていたこのボディカラーを目撃することが出来たのは、大きな収穫でした。
コチラのボディカラーは、「ソーラービーム・メタリックペイント」というカラーで、オプション価格にして最高金額の120万円。
ランボルギーニのマット系やアドペルソナム・システムに匹敵するオプションですね。

見る角度によっては、イエローやゴールドといった不思議なコントラストを演出するこちらのカラーは、10層以上の色相が組み込まれ、名称は「ソーラービーム」と中々のネーミングセンスですが、簡単に言うと「ゴールドイエロー」。

パワートレインは、AMG新開発の排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力510ps、最大トルク650Nmを発揮。
0-100km/hの加速時間は3.8秒、最高速度は310km/hにまで到達。

トランスミッションは「SLS」譲りの7速デュアルクラッチを搭載し、LSDが機械式から電子制御式に可変ダンパーと連動するドライブセレクトシステムには、レースモードが追加されるといった先進的な機能も含まれています。

足回りにおいては、非常にシンプルな10本スポークの19インチホイール。レッドカラーのブレーキキャリパカバーが装着されています。

インテリアにおいては、ブラックのアルカンターラ&レザーシートにイエローステッチが加えられ、センターコンソールには、エンジンスターター等のスイッチ類が集約されていますね。

近未来感漂うデザインとボタンの配置は、フェラーリ「488GTB」を彷彿させるデザイン性がありますね。

金津創作の森「S fes V」に関する記事はコチラをご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう